活動報告

地区大会報告

2015年11月20日

★ 地区大会報告 ★

2015-16年度国際ロータリー第2590地区の地区大会が、11月14日(土)パシフィコ横浜会議センターにて開催されました。
今年度は大会を1日にまとめた形で行われたため、RI会長代理ご夫妻歓迎晩餐会は、本会議前日の13日にホテルニューグランド
ペリー来航の間で豪華に開催されております。
本会議の午前中は会長・幹事会がRI会長代理ご夫妻(杉谷卓紀氏、令夫人)をお迎えして、10:30の点鍾で始まり、箕田ガバナーから挨拶と地区現況報告、杉谷RI会長代理から国際ロータリーの現況報告があり、その後、四種委員会報告と大会決議案協議が行われ、さらに、R財団表彰と米山記念奨学会表彰となりました。当クラブでは、R財団表彰のメジャードナーに大野会員、同ベネファクターに熊田会員、同マルチプルに長谷川会員、小原会員、田辺会員、小久保会員が、米山功労者メジャードナーに大野会員、高橋会員、中西会員、川端会員、横山会員、(故)岩宮さんが、同マルチプルには23名の会員がそれぞれ受彰されました。クラブとしても、米山功労クラブ、米山記念奨学金寄付7,000万円達成クラブ、クラブ創立記念特別寄付の表彰を受けました。
昼食時間をはさんで、多くの会員が参加しての本会議となりました。当クラブからも21名の会員の出席を頂き、
13:00の点鍾で始まりました。RI会長代理ご夫妻の紹介、箕田ガバナーから挨拶と地区現況報告がなされ、大会決議が採択されました。引き続き、杉谷RI会長代理からRI会長メッセージが伝えられ、大会は大いに盛り上がりました。その後、寄付金贈呈、長寿会員及び出席率連続100%表彰が行われました。当クラブでは、長寿会員として直井会員、前原会員、森田会員、川端会員、田辺会員、矢野会員の6名、30年以上出席率100%で大野会員、田辺会員、川端会員が受彰されました。
新会員紹介では、当日出席の新会員一人一人の名前が紹介され、箕田ガバナーと硬い握手を交わしました。当クラブでは、坂本会員、藤井会員、加藤会員が紹介されました。青少年紹介では、インターアクトクラブ、ローターアクトクラブ、ロータリー青少年交換学生、ロータリー財団学友会、ロータリー平和フェロー、ロータリー米山奨学生が登壇し紹介されました。
記念講演は、「ハードルを越える」の演題で、スプリント競技における日本初の世界大会メダリストの為末 大氏からスポーツの持つ可能性についてお話がありました。所々でレースの映像を交えながら栄光と挫折を自らの体験談と共に語って頂き、非常に興味深く聞くことが出来ました。
その後、箕田ガバナーから大野直前ガバナーご夫妻への記念品贈呈の後、次年度、川崎西RCがホストクラブとなり11月11日(金)、12日(土)に地区大会が開催されることを宣言し、定刻18:00、箕田ガバナーの点鍾と共に今年度の地区大会の幕が閉じられました。
出席者:伊藤・遠藤・大野・岡本・小原・加藤・川端・小池・小林・小堀・齋藤 浩・坂本・鈴木・田中・田辺・田島・筒見・藤井・長谷川・巻田・枡崎


活動報告一覧へ戻る

Top