活動報告

第6回二金会

2016年05月13日

★ 二金会 ★

日時:平成28年5月13日(金)19:00~21:15
場所:料亭「滝川」(神奈川区台町)
参加者:明石、石渡、遠藤、大野、小原、加藤、小池、小堀、坂本、立川、出村、藤井、橋本、長谷川、巻田、高橋、岡本、枡崎

 今年度の最後の二金会を久し振り、台町の料亭「滝川」にて開催しました。今年度の有終の美を飾るべくクラブの長谷川会長、巻田幹事が揃って出席、また大野パストガバナー、小池ガバナー補佐を始め、総勢上記十八名の参加がありました。
 前回サボった岡本二金会幹事の四ヶ月振りの名(迷ぢゃありませんので、念のため)司会のもと、午後7時に開会。先づは二金会高橋会長の挨拶です。「今回の熊本地震は最初に思った以上に被害がひどく心を痛めてゐる。日本では、これからも五年おきくらゐに大きなものが発生するかも知れない。備へを怠らぬやうにしませう。自分も大した助けにはならぬかも知れぬが、非常用パックを購入した」とのことです。そして小池さんより、二金会の歴史についてのお話の後、乾杯の発声があり、歓談に入りました。
 松尾工務店が建設したといふここ料亭「滝川」の高級料理とお酒を皆で堪能しました。8時頃からは恆例の参加者スピーチが始まりました。先頭の遠藤さんは“鶴見田祭り”のこと、来年で三十年になるさうです。續くは小堀さん、今回はサッカーでなく、もうひとつのお得意「大河ドラマ」のこと。三番は立川さん。休み明けの中国北京訪問や翌14日のラグビーのこと、そして四番バッターは勿論大野さん、昨年ガバナー当時のGWでの体調不良もやうやく恢復、これからも十分な身体のケアをしたい、更に橋本さん以後女性会員の入会が續き、クラブの雰囲氣もより明るくなり、出席率も少しづゝ向上してゐる、もっと増やしませう!とのお言葉。
 と、このやうな御出席の皆様の素敵なお話をみんな紹介したいところですが、そんな紙幅もありません。残念ですが以下は概要を簡単に、どうぞ御勘弁下さい。会長・幹事からは、今年度(まだ終ってはをりませんが)の活動への御協力に感謝の言葉があり、そのほかの方々からはゴルフのことも多く出たり、建物の柱や鴨居の檜や杉のことは勉強になりました。以前飲めなかった日本酒を娘さんにすすめられて一緒に飲むやうになった、といふほほゑましいお話もありました。仕事で東京の料亭は使ったが神奈川では初めてとか、御子息の結婚への御礼もあり、本当に切りがありません。このへんにしておきませう。
 でも、自分のお話したことを少し(今回も報告書作成者の特権です)。
今月五月はロータリーでは「青少年奉仕月間」です。昨年度までは毎年九月が「新世代のための月間」でした。今は名称も「青少年奉仕月間」と変りました。本日例会にて配布された「ガバナー月信」には、青少年奉仕についての澤山のメッセージが発信されてゐます。横浜東RACの山本祐輝地区代表の「全国ローターアクト研修会・APRRCに参加して」といふ貴重な報告も載ってゐます。ぜひガバナー月信をじっくりとお讀み下さい。なほ次年度は私がクラブ青少年奉仕委員長を務めますので、どうぞ御支援御協力をお願ひ致します。
さて、午後9時を廻り、いよいよお開きの時を迎へました。長谷川クラブ会長より「今年度例会もあと六回で終りますが、次年度も引續きこの楽しい二金会を盛上げて行きたい。あと二ヶ月、どうぞよろしく!」との締めの挨拶がありました。この後集合写真を撮ってこの有意義で愉快な今回の二金会もめでたく閉会しました。
 次回は新年度に入り、7月8日(金)の開催予定です。会場等詳細は決り次第お知らせ致しますので、多くの皆様の出席をお待ち致します。
(二金会幹事 枡崎一之)


活動報告一覧へ戻る

Top