活動報告

第3回例会卓話「就任挨拶」

2016年07月15日

「就任挨拶」
     小林優志雑誌委員長



皆さま こんにちは今年度雑誌委員長に任命されました小林です。ロータリーの友の内容を紹介させていただくなかで昨年度ロータアクト担当でしたので 皆さまにもロータアクトに更に関心をもって頂く為にアクト関連の記事を取り入れて話をしていきたいと思っています。

「就任挨拶」
      熊田恒雄IT推進副委員長



今年度IT推進委員の松山委員長の代理、熊田副委員長です。T推進委員会では今年度
1.ホームページによる各種情報発信を行い、横浜東ロータリーのプレゼンスの向上を目指したいと思います。
2. 2.会員間のコミュニケーション機能を運用し、クラブ内情報をメール、ファックスの併用が可能な状況を作る、
3.例会時には定期的にホームページ情報をお知らせし、会員の閲覧を促進したい、と考えております。
今年度、伊藤会長年度における、ホームページパスワードはyokohama east ●●●● です。会員のみ見ることのできるページとして情報管理したいと思います。
世界はますます情報通信によって効率化、低コスト化していますが、ドイツで始まったインターネットですべてのものが繋がり、ビックデータが生まれ、それをAIで分析することで新しい事業が生まれるIOT第4次産業革命が日本でも始まっています、横浜東ロータリーとしても会員の皆様と一緒にIT活用に取り組みたいと思います。








「就任挨拶」
      和田 晃親睦活動委員長



 今年度親睦委員長を仰せつかりました和田でございます。振返って見ますと横浜東ロータリークラブに入会しまして早、21年になります。ロータリーに入会した新会員の方々は必ず潜る登竜門となっているようです。今回の親睦委員は、加藤副委員長合わせ14名です。私も今回で親睦委員は何回目かなと指を折ってましたが?
ロータリークラブを楽しくするには親睦が大事と思っていますし私自身も楽しい事が大好きで自分に合っていると自負しています。横浜東ロータリークラブとしての一年の決定行事またロータリーとしての行事等年間結構あるものです。先日のクラブ協議会で、一年の計画を発表させて戴きました。
1.7月27日(水) 3RC合同ビアパーティー
2. 10月15日(土)つるみ臨界フェスティバル
3. 12月13日(火)年末会員家族親睦会
4. 1月13日(金)3RC賀詞交換例会
5. 2月17日(水)創立記念例会
6. 3月末    親睦旅行
7. 4月17日(月)観桜会
8. 5月末     3RCゴルフコンペ
9.6月末    年度末親睦会
上記、色々と掲げましたが親睦委員方々のご協力、会員の皆様のご協力の基、楽しい一年を役務致します。 前記の行事以外でも会員の皆様のお声を、お聞きして飛び入りの行事も開催して行きたいと思いますので、忌憚なるご意見、行事のご提案等宜しくお願い申し上げます。




「就任挨拶」
      遠藤一郎出席委員長



 本年度、出席委員長の遠藤です。クラブ活動計画書通り、活気ある横浜東ロータリークラブとなるために、クラブ会員全員が例会出席率100%達成できるように、にこにこなどでお願いして参ります。副委員長に小堀さん、委員に前原さん、鈴木さんとベテラン会員の方々なのでアドバイスを頂きながら頑張って参ります。
 又先日の協議会でのメークアップツアー計画の件は伊藤会長と相談して決定したいと思います。一年間どうぞよろしくお願い致します。



「就任挨拶」
      石川建治研修委員長



前任の委員長は故岩宮委員長の後を受けて前原委員長でした。クラブ研修委員会が独立して設けられたのは2015-16年度からで、過去にクラブとしての委員会活動は蓄積されていません。地区でも情報委員会活動が取り上げられてきたのは最近のことで、クラブ活動にまでの浸透度はいまだ未熟な状態だと思います。本年度のクラブ研修委員長会議が8月上旬に開催されますが、本年度の活動はその会議を受けて展開していきたいと思っています。
故岩宮氏は、「クラブの品位を再確認してもらう」ことを研修の第一番目に掲げていました。創立60周年を経たクラブとして、その間に醸成されたクラブ体質を、品位として認識していた故岩宮氏の遺志を掘り起こし、少しでも伝えられたらと思っています。



「就任挨拶」
      巻田佳樹会計



今年度、伊藤会長、安友幹事のもとで会計を担当致します巻田でございます。会計担当は入会3年目に一度就任していますので、今回が二度目の就任となります。前回のときは、クラブ内の言葉も満足に理解しておらず、経験不足が否めないところで務めた記憶があります。その頃から比べますと少しは経験値もあがっていると思いますので、諸先輩方のご指導を賜りながら一年間しっかりとクラブ会計の仕事を務めていく所存ですので何卒宜しくお願いいたします。
 本年度の一般会計の予算を簡単にご説明いたします。一般会計以外の予算につきましては活動計画書を後ほどご覧下さいますようお願い申し上げます。一般会計では、収入の部は24,669千円となっております。前年度予算に比して1,217千円の減少となっております。計算の前提条件としましては、会員数62名、ロータリードルレートは110円です。ガバナー月信6月号の2016年規定審議会報告の記事において、「入会金の廃止」との記載がありましたので、現段階では入会金の計上はしておりません。今後、訂正する可能性もありますことを付け加えさせていただきます。
 一方、支出の部に関しましては、本部地区関係費は会員数により決められた支出となります。クラブ奉仕費や会務運営費の中で予算削減を行い、何とかマイナス予算を回避することはできましたが、活発な会の活動や円滑な会務の運営を一年間行っていくうえで、不測の出費に備える予備費が全くない状況です。
 伊藤会長の就任挨拶でもお話がありましたが、クラブ活動におきましては何を行うにも支出が伴います。少ない予算でも充実したクラブ活動は出来ると思いますが、会員増強と退会会員の防止に会員全員が真剣に取り組み、少しでも金銭的余裕のあるクラブにすることも必要ではないでしょうか。
伊藤会長から渡された「クラブを成功に導くリーダーシップ 会計編」に、会計の役割は、「適切な資金管理を通じてクラブの財務の健全性を保つことです。」との記載がありますが、会計の役割はそれだけではなく、これから先のクラブ運営を見据え、クラブの活性化の一端を担うことも不可欠と考えております。少しでも会のお役に立てればと思っておりますので一年間宜しくお願いいたします。


活動報告一覧へ戻る

Top