活動報告

第1回例会卓話「就任挨拶」岡本誠一郎会長

2017年07月07日

「就任挨拶」
会長 岡本誠一郎

今年度伝統と格式のある横浜東RCの会長を仰せつかりました岡本です。
今日は神奈川RCさん、横浜鶴見北RCさん、横浜鶴見西RCさんからたくさんお越しになっていただき誠に有難うございます。又、松本英二名誉会員にも私の応援にお越しいただき、久し振りにお会い出来てとても嬉しく思います。
今日はまず初めにせっかくですので、私のロータリーでの自己紹介からさせていただきます。
私は2006年9月15日に当クラブに入会し、今年の9月で入会11年となります。私の紹介者は、今は亡き谷口榮パストガバナーとロータリーの神様、岩宮浩会員であります。谷口榮パストガバナーは、私の勤務先であります京浜警備保障株式会社の創設者であり、先代の会長でもあります。そんなご縁もあってほぼ強制的に当クラブに入会をさせていただきました。その入会年度の会長は森田会長、幹事は枡崎幹事でありました。当時の当クラブは、会員数が確か80名位だったような気がします。又例会はエクセル東急ホテルでしたが、とても緊張感があって毎週どきどきして出席しておりました。でもその時谷口、岩宮テーブルに座らされていた私を、「そこは居心地が悪いだろうからこっちに座りなよ!」と言ってくれた先輩、今は退会されてしまいましたが内田さんがいたり、「何か分からない事があったら何でも聞いて」と言ってくれた枡崎幹事の言葉で少し気が楽になった気もします。イニシエーションスピーチは、かなり時間が経ってからやらせていただきましたが、当時、今もですが、まじめだった私は、自己紹介で悪かった学生時代での出来事や、歌手になりたかった自分の夢を永遠と正直に語り、森田会長から「岡本さんが昔不良で、夢多き青年だった事は良く伝わりました」とコメントいただきました。まあ、今となってみれば大変懐かしくもあり、又恥ずかしくあり良い思い出となっております。その時は、もちろんロータリークラブで会長職をやるなんて全く想像もしていませんでしたし、クラブに馴染めるかどうか、会員の皆さんと親しくしていけるかどうか、そんな事ばかり考えていたような気がします。それでも、何とか皆さんに自分を覚えて頂く事と、自分でも皆さんの名前を覚えて少しでも早くクラブに馴染めるように、例会時には少し早く行って、会報を1年間皆さんに配布しようと決めて実行しました。その後私がクラブの一員として溶け込めるようになったきっかけは、入会から3年目に小原パスト会長からSAAに指名され、事務局に打合せに行ったり、例会の進行やクラブの活動に関わりをもたせてもらった事から始まったような気がします。更に、その年は地区大会のコ・ホストクラブに指名され、あまり理解していませんでしたが、実行委員会に参加したり、地区大会当日も案内担当として経験させてもらいロータリーの地区と言う世界を知りました。その後中西パスト会長から親睦活動委員長の指名を受け、クラブ活動の楽しさを昼も夜も心から実感出来るようになりました。こき使われましたがその分ご馳走にもなりました。その後は社会奉仕委員長、青少年奉仕委員長と奉仕活動の責任者を経験させていただき、齋藤浩パスト会長年度に幹事にご指名をいただきました。そして、今日お越しいただいている鶴見3RCの会員の方々や、第4グループのクラブの皆さん、地区関係の方々と少しずつ交流が出来、このあたりからは、会員の皆さんとも気楽な友人関係を築けるようにもなり、多少の緊張感はあるものの、例会に行くのが楽しくてなって参りました。その結果、最初は初々しかった私はこんな感じになって行きました。
しかし3月にあの東日本大震災が発生し、幹事として何も出来ませんでしたが、当時の東電の支社長からの依頼もあり、春に福島県大熊町や双葉町の仮役場に義援金を持参する等の社会奉仕活動を行ないました。翌筒見パスト会長年度でも2回目の社会奉仕委員長として引き続き復興支援で浪江町の仮役場に義援金を持参し、春の三ッ池公園フェスティバルではB1グランプリを取った「なみえ焼そば」を呼んで販売支援と寄付金援助を実施しました。大変な行列が出来、神奈川テレビに依頼し当日のニュースの中で放送していただきました。
そして二金会の幹事にもご指名いただき、お酒のお付き合いも増え、親睦旅行にも誘っていただき、宴席での曲芸も教育され身に付ける事が出来ました。
ロータリーって怖いなあとつくづくその時思いました。
まあそんな事でこの度会長職にご指名いただき、1年間私なりに楽しく頑張って参りたいと思います。そこでクラブ目標はどうしようかなと考えました。
そして先程私がロータリーに入会して、だんだんクラブが楽しくなり、ロータリーが好きになったきっかけをお話しましたが、それを言葉に表して、「ロータリーの活動を通じて、親睦を深め、最高の友人をたくさん作りましょう」と言う意味を込めて「Make Best Friends!!」とさせていただきました。「是非皆さん、1年間私と一緒に楽しんでいただき、一人でも多くの一生涯の友人をたくさん作りましょう」

 そして、1年間私をサポートしていただく皆さんをご紹介します。
まずは幹事、この後就任挨拶をさせていただきますが、齋藤実さん、弁護士業をやりながら大学で教授を務める、大変お忙しい仕事の環境の中、幹事をお願い致しました。多分弁護士さんで幹事経験者は当クラブではまだいないのではないでしょうか?奥様は琉球大学の先生と言う事で沖縄と横浜での生活をしていらっしゃる、私は遊びですが、沖縄好きですので時々沖縄でリフレッシュしながら一緒に楽しみましょう。1年間宜しくお願いします。
 次は会長エレクト森さん、私より大先輩ですし、本来は森さんの方が先に会長をされるべきだったと思います。ロータリーにも詳しいし一緒にお酒やカラオケも楽しんでいます。間違いなく悪友の1人です。次年度に向けての参考となるよう私も頑張りますので、色々アドバイスお願いします。
 そして副会長、明石さん、明石さんも当然私よりロータリー歴も全然長い大先輩、地区のご経験もあるし、以前は半ば無理やりお願いして過去に趣味でやられていたと言う手品も披露していただきました。もしも機会がありましたら今年度も久し振りに是非お願いします。
 そしてSAA、中西さん、会長経験者でありながら、又、良くも悪くも、私の指導者でありますが、私が会長に指名された時から、「SAAはやった事ないからやってやる!」と言っていただき大変有難く思っています。1年間会場監督宜しくお願いします。
 次は会計、長谷川さん、実は長谷川会長年度に会長ノミニーにご指名いただきましたので、その時「会長卒業するとおとなしくなる人が多いけど、困ったら何でも手伝ってあげるから」と言って下さり、大変心強く感じております。
釣りにも誘っていただいたり、エレクトの時から色々とアドバイスいただき有難うございました。もしかすると予算の使い方等大雑把な性格ですのでくれぐれも宜しくお願いします。
 会計監査には高橋延幸さん、高橋さんはここ数年体調不良もあって例会にはあまり出席出来ておりませんが、二金会ではここ最近は元気な姿を見せてくれています。今回会計監査をお願いした所、体力的に負担の無い所であればと言う事でお受けいただきました。
 そして直前会長、伊藤さん、1年間お疲れ様でした。今が一番すっきりして、きっと気持ちが休まる時なんでしょうけど、何せ会長が危なっかしいんですから何かあったらフォローして下さいよ。今日は夜お疲れ様会ありますね!楽しくやりましょう。
 そしてプログラム委員長、小池さん、年も同い年だし、見た目は僕の方が若いけど(嘘です)、パスト会長で大先輩、ガバナー補佐まで経験されて尊敬しております。
プログラム委員長宜しくお願いします。例会への出席率を上げるにはプログラムの内容の充実がとても重要だと思います。難しい話よりも、何か楽しくなっちゃうような卓話是非お願いしたいと思います。頭あんまり強くないですから、難しい話聞くと眠くなっちゃうんで宜しくお願いします。
 クラブ会報、荒木さん、私も会報委員長一度やりましたけど、けっこう大変、写真も担当するし、石井さんの会報作成の間違い探しもあるし、例会当日の原稿チェック宜しくです。何より当クラブの会報は中々評判もいいみたいなんでくれぐれも宜しくお願いします。
 雑誌委員長は渡邊さん、ロータリー歴も長い大先輩ですし、声も大きな方ですしきっと「ロータリーの友」の内容についても分かりやすく説明していただけると思います。本日はあまり時間もなく省略していただきましたが期待してますので宜しくお願いします。
 広報・IT委員長は筒見さん、うちのクラブは広報はあんまりしてない方なんですよね!何かのイベントや社会奉仕活動の際は、是非クラブの良い所広報していただければ有難く思います。ITは私のとっても苦手な部分、まあうちのクラブは、熊田さんがホームページも管理してくれてますので安心出来ると思います。
 合唱委員長は安友さん、一緒に合唱委員会にもいましたけど、当番の方が休みになると大変ですよね!SAAもどきどきしちゃいますから宜しくお願いしますね!取り敢えず「友達になろう」宜しくお願いします。
 そして親睦活動委員長は自ら立候補してくれた巻田さん、きっと楽しい計画たくさんしてくれるものと期待しております。ロータリーについては色々な考え方がありますが、親睦活動を重要視している会員の方もたくさんいらっしゃいます。私も勿論その一人です。クラブ目標にも書きました。宜しくお願いします。キリン納涼ビアパーティは「フラダンス」計画してるんですよね!頑張って躍って下さい。
 出席委員長は田中さん、「俺は頼まれたら断らないよ!」と早くから言っていただき有難く思います。ホーム連続100%出席16年は将来きっと破られる事はないでしょう。そんな田中さんは誰よりも出席について意見を述べる権利を持っている方だと思います。ここ数年当クラブで問題になっている出席率の低下について、又、クラブ協議会やイベント参加についても出席率が上がるよう宜しくお願いします。
 研修リーダーは小原さん、先程お話しましたように小原会長年度にSAAとして色々御指導いただきました。今年度も特に新会員さんへのロータリー教育等について分かりやすく研修していただきますようお願いします。
 そして会員増強退会防止委員長には和田さん、何をやってもユーモアたっぷりで親睦活動にはかかせない存在ですが、顔の広い所で今までもたくさんの入会者を紹介してきました。今年度もその顔の広さ、心の広さ、態度のでかさをいかして、和田さん特有の少しばかり強引なお誘いで一人でも多くの増強をお願いしたいと思います。もちろん退会防止についても一緒に考えて行きたいと思います。
 会員選考職業分類委員長には改めて長谷川さん、職業分類はかなり幅広くなったと言いますか、無くなったと言いますか、新たな職業分類改革を和田さんと一緒になってやって参りたいと思います。
 ロータリー情報委員長には枡崎さん、きっと色々なロータリー情報を提供していただけると思いますし、会員への情報提供や新会員への情報教育についてもしっかりとやっていただけると思っています。
 戦略計画委員長には森さん、昨年度から当クラブでも新たに出来た委員会ですが、初年度は私が務めさせていただき、当クラブでは会長エレクトが委員長を兼務すると言う流れのもとお願いをしました。中・長期計画においてクラブを活性化させる為の手段として検討して行く訳で、大変ですが私の至らなかった所を是非補っていただきますようお願いします。
 職業奉仕委員長には立川さん、齋藤実幹事からの強烈な推薦もあり、又、あの神様、岩宮浩さんの後を継いで当クラブに入会していただきました。「ロータリーの本質は職業奉仕にある」とも言われております。「会員間の相互扶助」についても色々意見があるように言われていますが宜しくお願いします。
 社会奉仕委員長には田島さんにお願いしました。田島さんにも随分前からお願いしてきましたので、当クラブの継続的社会奉仕活動についてもお願いしますが、新たな活動についても是非検討してもらいたいと思います。今年度は地区補助金を活用した活動も予定しています。大変ですが宜しくお願いします。
 国際奉仕委員長には小堀さん、小堀さんは幹事も経験されていますし、国際協議会にも参加されていて英語の方も堪能とお聞きしています。二金会でお酒も飲んで、RACの例会にもよく参加しておられます。なお且つマラソンまでこなすオールマイティな方です。当クラブの国際奉仕活動としては、金銭の寄付によるものを継続してきた経緯がありますが、齋藤幹事も「国際奉仕に力を入れてみたい」と言っておりますので、是非幹事と相談のうえ検討していただきたいと思います。
 そして青少年奉仕委員長には松山さん、SAAを経験されて「ぐっ」と存在感が高まりましたよね!松山さんの若さで青少年奉仕委員会を引っ張って行って下さい。RAC担当は坂本さん、アクトは以前から積極的に参加してもらってますから大丈夫ですよね!まあ今まで通りですね!今年度は鈴木宗太君が地区代表ですよね?参加する機会も増えると思いますが一緒に頑張りましょう。
そしてBS担当が枡崎さん、これも齋藤実さんからの推薦です。枡崎さんならアクトとBSのコラボもきっとやれますよね?宜しくお願いします。
奨励金、育成基金担当は小原さん、基金については今色々と協議が行なわれていますが、今後の募集の復活や基金の使い道等、以前にご経験されていますので検討をお願いします。
 ロータリー財団委員長には齋藤浩先生にお願いしました。ここ最近は財団の補助金を申請した活動も行なっていませんでしたが、今年度は先程お話しました鶴見三大フェスティバルへ障害者用の「福祉バイオトイレかー」提供で地区補助金をいただきました。社会奉仕委員長の田島さんにお願いして活動して行きますので宜しくお願いします。
 米山奨学金委員長には石川さんにお願いしました。米山奨学生は当クラブでも積極的に支援を続けてきました。100%寄付で成り立っている奨学金ですのでこれまで通り出来る限り支援して参りたいと思います。

以上の理事、役員、委員長スタッフで1年間活動を行なって参ります。
その他の会員の皆様におかれましても、委員長のみが行なっている活動にならないよう、定期的な委員会の開催等を通じて、積極的なクラブ活動を行なっていただきますよう心よりお願い致します。
長くなってしまいましたが、イアン・ライズリーRI会長が「友」の中で「ロータリーの友人は同じクラブの仲間に限りません」「地区内の他のクラブにも友人がいます」「ロータリアンになるべく第1の理由はここにあります」と述べています。「Make Best Friends」「ロータリーの活動を通じ、親睦を深め、最高の友人をたくさん作りましょう」有難うございました。


活動報告一覧へ戻る

Top