活動報告

第3回例会卓話「就任挨拶」

2017年07月21日

「就任挨拶」
会長エレクト/戦略計画委員長 森 高繁


会長エレクト
2003年6月に入会して14年が経ちました。この度2017~18年度の会長エレクトの指名を受けました森でございます。これまでクラブ会計をはじめいくつかの委員長等、役員としてつとめてまいりましたが、いざ会長エレクトの指名を受けるとなると、伝統ある横浜東RCの重圧を感じ、自身のロータリーに関しての知識のなさに反省の念が堪えません。
この一年は本年度の岡本会長、齋藤幹事に協力しつつ、手続要覧を片手に2018~19年度の会長就任に向けての自らの準備期間として勉強しなおす所存でございます。
まずは、10月ぐらいまでには理事、役員等の人事を整えていきたいと思っていますのでその際には皆様にお声掛けをさせていただきますので快くお引き受けください。これまでのクラブの歴史、クラブ運営、年間計画、行事等を参考にし、次年度に向けての準備、計画を立ててきたいと思っております。

戦略計画委員会
戦略計画委員会は2016~17年度より新たに設けられました。
この委員会は、長期的にクラブの発展、拡大増強に向けて戦略計画を立てて運営していくということから、昨年度に引き続き、アンケートの結果を受けた具体的な計画を策定していきたいと思います。
 また、先日のガバナー公式訪問を受けて、本年度は会長賞を目標に以下の戦略的目標を達成すべく、会員増強、親睦、社会奉仕等 各委員会の協力を仰ぎたいと思います。
戦略的目標
1.クラブのサポートと強化
  戦略計画の更新、純増2名,女性会員の純増2名 例会以外の活動に参加等
2.人道的奉仕の重点化と増加
ポリオ関連の活動、地区補助金の利用、環境に焦点を当てたプロジェクト実施、地域内のRCと協力する、プロジェクトへのロータリーファミリーの参加、財団への寄付10%増等 
3.公共イメージと認知度の向上  
HPの更新、ポリオデーイベント開催、市民団体等のための交流会の開催、クラブのプロジェクトを地元メディアに報道、RYLAへの参加等
会員皆様のご協力をよろしくお願いいたします。



「就任挨拶」
副会長 明石敏男


今年度副会長およびクラブ奉仕委員長の明石です。
 副会長は会長の補佐をすることになっていますが、会長が職務を行えないときには代理を務めるものなので、今年度岡本会長がそのような事態になるのは地区大会に出席するため当クラブの例会に出席出来ないときだけだと認識しています。
 したがって、その他の次期には全く出番がないものと安心しております。
 クラブ奉仕はロータリーの五大奉仕の中で唯一クラブ自体、またロータリアンに向けての活動で、その活動がクラブの活性化に直接寄与する重要な委員会であります。
当委員会はプログラム委員会、クラブ開放委員会、雑誌委員会、広報・IT委員会、合唱委員会、親睦活動委員会、戦略計画委員会、の各委員長を委員とした委員会で、クラブ奉仕委員長としては、その各委員会を統括する職務があります。
 なるべく頻回に委員会を開催し、各委員会の事業の進捗状況を把握し、その遂行の手助けをしたいと思っています。



「就任挨拶」
親睦活動委員長 巻田 佳樹


 今年度、岡本会長、斎藤幹事のもとで親睦活動委員長を務めさせて頂きます。活動計画書にも記載しましたが、【Make Best Friends!】~ロータリー活動を通じ、最高の友人を作ろう~この今年度のクラブ目標をクラブ会員全員が達成できるように、一年を通じて委員会一丸となってお手伝いする活動をして参ります。具体的な活動予定は未定ですが、多くの親睦の機会を作っていきたいと思っております。
 委員会メンバーは、副委員長には橋本さん、委員には今井さん、岩淵さん、小野崎さん、加藤さん、桒名さん、小林さん、藤井さん、藤岡さん、吉川さん、神谷さん、谷貝さん、神崎さんです。比較的入会間もない会員で構成されております。会長幹事のお考えの中で、新しい会員が親睦活動を通して諸先輩方と話をする機会を作ってくれたのだと推察しております。委員全員が「FERROWSHIP」のタスキを着用し、ゲスト、ビジターはもちろんのこと、会員の皆様を明るくお迎えすることが当たり前のこととして出来る一年となるように、委員の皆様と力を合わせて、毎回の例会を盛り上げていきます!
 ニコニコボックスにつきましては受付用紙も一新し(内容は変わりませんが…)、更なる推進をして参ります。ニコニコボックスは、各種奉仕活動の財源として活用させて頂く大切な資金となっております。皆様の善意を賜りますようお願い申し上げて就任の挨拶とさせて頂きます。



「就任挨拶」
研修委員長 小原孝之


過去20年、世界で120万人がロータリーに入会して120万人が退会しました。日本だけでなくアメリカもロータリーの会員が減少しております。ロータリーを知らずして退会して行く会員が多いという危機感から、RIの公式のプログラムではありませんが、RLI(ロータリー・リーダーシップ・研究会)が1992年アメリカで設立されました。
 第2590地区では4年前に研修委員会が立ち上がり、昨年度よりRLIが始まり、3回の講習でテキストにのっとり、みっちり勉強して研修リーダー(ファシリテーター)の資格を横浜東クラブでも2名が取得しました。研修リーダーのもと、双方向のやり取りで系統的にロータリーの知識向上をはかります。
 今年度は大野PGが地区研修委員長で、坂本会員と小原が地区研修委員です。RLIが9月10日、10月15日、11月26日いずれも日曜日各6時間、結構ハードな研修が予定されております。新旧会員の参加をお待ちしております。

     「研修委員会の役割」
1)地区研修とクラブ研修の整合性を図り、全会員にロータリーの最新情報を伝える。
2)全会員、特に新会員がロータリーを正しく理解できるように研修会(勉強会)を開催する。
3)各委員会と連携して、卓話・職業奉仕・社会奉仕・青少年奉仕・ロータリー財団・米山記念奨学事業への理解を深める。
当クラブでも、例会で全員参加の研修を岡本会長にお願いしたいと思います。



「就任挨拶」
直前会長 伊藤保義


直前会長として、挨拶させていただきます。前年度会長のときは会員の皆様に協力していだき1年間を無事に過ごせました事を感謝いたします。当クラブも女性会員が増えてまいりました事は喜ばしい事と思いますし、今後は女性会員の活動場を広げて参る様に協力をしてまいります。今年度、岡本会長のもとバックアップしてまいりますので、宜しく、お願い申し上げます。



「就任挨拶」
R財団委員長 齋藤 浩


ロータリー財団は前原先生・小生の二人でやらせて頂きます。ロータリー財団の使命はロータリアンが健康状態を改善し、教育への支援を高め、貧困を救済することを通じて世界の理解、親善、平和を達成できるようにすることです。この使命を達成するために資金が必要です。十分にご理解を頂きご協力をお願い致しております。御陰様で本年度の目標を達成することが出来ました。ありがとうございました。また本年度は地区補助金プロジェクトの申請を行い、鶴見三大フェスティバル時に車いす対応のバイオトイレカー導入の為補助2000ドルを支給されました。

活動報告一覧へ戻る

Top