活動報告

★ロータリーみなとみらいチャリティマラソン及び福祉バイオトイレカー配備の報告

2018年02月10日

★ロータリーみなとみらいチャリティマラソン及び
 地区補助金プロジェクトの福祉バイオトイレカー配備の報告

幹事      齋藤 実
社会奉仕委員長 田島 敏之
              
1 マラソンにつきまして(齋藤実)
お天気にも恵まれた2月10日(土)に第3回ロータリーみなとみらいチャリティマラソンが開催されました。当クラブからの参加は、昨年に続き、3回目となります。今回は、Aチーム、Bチームの2つのチームに分かれ参加しました。Aチームは岡本会長、小野崎さん、森さん、そしてシェラトンからの特別参加の莇さん、Bチームは、小堀さん、立川さん、巻田さん、そして齋藤実、で構成しました。Aチームは優勝を、Bチームは完走を目指して走りました。最終的な結果は、Aチーム40チーム中9位(ただしロータリーチームとしては2位)、Bチーム36位となりました。走っている途中、苦しい場面は多々ありましたが、走ってみると、良かったなと参加者は思われたと思います。
多くの会員の方が、応援にいらしてくださいました。伊藤さん、大野さん、小原さん、坂本さん、田島さん、橋本さん、藤岡さん、中西さん、そして事務局の石井さん、寒い中、応援ありがとうございました!また、賞品を出していただいた方々も、有難うございました。さらに、横浜シェラトンホテルからは、昨年に続き、美味しいパンも頂きました。終了後は、台湾料理とお酒を囲みながら、マラソンの話に花を咲かせました。

2 福祉バイオトイレカーにつきまして(田島敏之)
また、当クラブでは、午前8時より午後3時まで、臨港パークチャリティマラソン会場内にて地区補助金を活用した福祉バイオトイレカー配備をし、社会奉仕活動を行いました。冬日ではありましたが当日は好天にも恵まれ、我がクラブから総勢16名の参加があり、利用者も3名あり、かつ地区関係者および他ロータリークラブの訪問も受けました。
 今回は2回目となり、車いすの方の利用が3名あり福祉バイオトイレカーの配備に手ごたえも感じてきました。また実際の利用者とのかなり深い意見交換(30分ぐらい話をしていたそうです)も出来、今後の福祉バイオトイレカーの方向性を決めることに援助できたと思います。(トイレカーの周知に一助できたかと思います。)
今回も連休初日にもかかわらず、会員多数の皆様にご参加いただきました。ご参加の皆様ありがとうございました。
次回は最終回となりますが、5月の三ッ池公園フェスティバルに、福祉バイオトイレカーを配置する予定でおります。次回も引き続き、多くの会員の皆様のご協力を頂ければと存じます。引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。
 最後になりますが当福祉バイオトイレカーが東京マラソンに2台配備されることが決定されました。東京マラソンへの配備は当クラブの直接支援ではありませんが、東京マラソンを観戦されるときは一緒にいる方に周知いただければこの活動をしている意義が増えると思いますのでよろしくお願いいたします。場所はゴール直線道路の一番手前(ランナーから見てゴールが見える最終直線の一番手前)になります。テレビに映るため白のラッピングが施されわかりにくくなりますが皆様のご協力をお願いいたします。

以上
























活動報告一覧へ戻る

Top