活動報告

★二金会★

2019年03月08日

★二金会★

日 時:平成31年3月8日(金)18:30~20:50
場 所:料亭「滝川」
参加者:井上、遠藤、熊田、倉迫、小堀、坂本、
佐藤嘉記、田島、藤井、前原、松原、高橋、
岡本、枡崎

 3月8日(金)に「(岡本さんいはく)平成最後の二金会」を一年振りに台町の料亭「滝川」にて開催しました。定刻には出席者十四人全員が集り、午後6時半に二金会幹事岡本さん司会により開会しました。今回初参加は松原さんです。また田島さんが久し振りに顔を見せてくれました。
 先づは二金会高橋会長の挨拶「最近西口を歩くとやたらとホテルが増えた。あの愛知家のあともホテルだし、三ヶ所にもなる。みなとみらいもホテルラッシュだ!」と。そして今回の乾杯は佐藤嘉記さん「神崎さん、居ないけどキリンで乾杯!」、さう神崎さん出席予定でしたが、急な仕事のためこの前日キャンセルの連絡あり、また本当は佐藤忠範さんも初参加の予定でしたが、やはり前日に不都合となった由、連絡が入りました。残念でしたね、お二人、次の五月にはぜひおいで下さい。
 そしてここ「滝川」の豪華な和食を味はひつゝ、7時45分頃より二金会の肝腎、恆例の参加者全員スピーチの時間です。先づは倉迫さん、次年度社会奉仕委員長を務めるので、今ロータリーの入門書を読んでゐるが、ロータリーの楽しみは歌にもあるやうにメンバーと逢って「やあ」「おい」と呼び合へる事だ、と。次年度の活動、期待してますよ、倉迫さん。話の中で、お氣の毒だったのは、折角見つけたノンアルコールのワインを、アルコール無しでも身体に悪いと奥様に取上げられてしまった、とのエピソード、残念でしたねネ。
 藤井さんは、この四月からお孫さんが小学校へ入学するのでランドセルを買って上げたさうです。また先日3月3日(日)のローターアクトの地区年次大会の二次会で「魚宴」に大勢来て頂いたと御礼を述べます。實はこの二次会私はこの日の昼のクラブ例会でのニコニコに「二次会魚宴に五十人も参加!」と書きましたが、藤井さんによると「いやいや、もっと多かった、六十八人だったよ!」と。お店いっぱいでしたが、全国のアクター達本当に澤山来てくれました。
 續くは佐藤嘉記さん「かつては皆勤だったのに、けふは一年振りくらゐです。次第に年を重ねていろいろ考へさせられる。高橋会長を見倣って、上品な会員でゐたい」と。いい事言ふなあ。小堀さん、今、日経朝刊の連載小説「ワカタケル」を楽しみにしてゐる。先日のIM(3月6日)で「年をとっても記憶力は落ちることはない」と聞いたが、昔はよく「古事記」を読んだ。今でも歴代天皇を暗記してゐると、初代の神武天皇から五十代桓武天皇までスラスラとここで暗誦してくれました。流石ですね。こんな特技もあったとはね!サッカーや大河ドラマだけぢゃない、どのくらゐ幅広い興味を持ってゐるの?
 そして今度は遠藤さん、今顔面神経痛で舌が廻らず失礼します、と言ひつゝ、先日奥飛騨へ旅した話を楽しさうに。JRの遅延や飛騨牛のこと、外国人観光客でいっぱいだった事などを。坂本さんは例会後、田中さんから分厚いロータリーハンドブックを「三回は讀め!」とプレゼントされた由、次年度小堀会長の幹事としてとっても期待されてゐるんですね。坂本さん、しっかりね。また趣味は音楽です、と。スピーカーがどうとか、ちょっとよく聞きとれませんでした、ごめんなさい。
 さて久し振りの田島さんです。「クラブ例会、年が明けてこの日が最初の出席です」と、そして正月にスペインのサン・セバスチャンへ行った話、いろいろ食べ歩きしたが、お酒も料理もみんな安くておいしくてとてもよかった、とのことです。みんな1~2ユーロだったとか。
 次は井上さん登場、鈴木俊弘さんの紹介で入会、高橋延幸さんの後輩です、と自己紹介、紅葉坂でハカマ姿の女子学生を見た、えっ、何の話?と期待したんですが、その續きはありませんでした(よね?)。大野さん(PG)から東日本大震災の被災地での植樹プロジェクトの話を聞き、子供が丁度大震災の時に生れたので、この八年何をすべきか考へて来た、と。さうです、この二金会の三日後は、あの大震災の日、3.11です。
 さて今度は初参加の松原さん「豊岡で石材店を営んでゐます」と先づは自己紹介、かつて一業種一者だったため当クラブに入れず、鶴見西クラブに入った経緯を話します。ほかに、当クラブ元会員の傑物大川恒久さんや鶴見北クラブの松崎和晃さんのことも語ってくれました。さうなのです、本当になつかしい。私はかつてローターアクトの活動に参加するやうになって間もない頃、当時の鶴見駅西口の翠華楼で開催された横浜東RACの例会でこの「大川・松崎・松原三巨頭の卓話」といふのに出席した事を今でもよく覚えてをります。本当になつかしい(2006年)。
 熊田さんは、二金会は横浜東RCの原点、例会とは違った楽しさがあると、持論を述べます。二金会のテーマソングを作ってはどう、との提案です。先づは取敢へず、と高橋会長、そして幹事の岡本さんと私の三人の名入りの歌を唄ってくれました。更には「滝川さん、ありがたう」とも。熊田さん云はく、この曲は昔の「兵隊さんありがたう」といふ歌の賛歌です。「そんな古い唄を、よく知ってゐるね、チコちゃん!」、あっ違った熊田さんだ。参考までに元歌はこんな感じ。四番まであります。
 〽肩をならべて兄さんと
  今日も学校へ行けるのは
  兵隊さんのおかげです
    (以下略)
  作詞 橋本 善三郎 作曲 佐々木すぐる(1939.昭和14年)

次第にスピーチも大詰に近づきます、米壽を迎へた前原さん、いつもお元氣ですが、一年程前から足がしびれる、狭窄症の由。でも御自身が一番嫌いな商賣は医者だ、と皆を笑はせます。もうこのあたりまで来ると、私のメモ用紙は自分の字でもよく讀めません。
 スリランカ、少子化、自衛隊に入る人がどうとか、中国一人っ子政策・・・一番の心配事は・・・(これがまた讀めない、前原さん、どんなお話でしたっけ?)
最初の方は比較的讀みやすいのですが、時間の経過による酒量の増加で、だんだん何が書いてあるのか・・・。そんな譯で、どうもすみません(別に昔の落語家の真似ではありません)。
このあたりで用足しやら煙草の人やらありで、もう時間切れ、岡本さんと私のスピーチはカット、といふ事になりました。なのでちょっと一言、スピーチに代りこの時皆様にお配りした資料はロータリーについて学ぶのに役立つものなので、ぜひお讀み下さい。当地区横浜港北RC桑原薫氏の「決議23-34(ロータリーの聖書)の要点」「ロータリー○×クイズ」「Serviceの哲学とは何か」(3月3日RAC地区年次大会記念誌特別寄稿)、また「ロータリーの友」2016年3月号掲載の第2790地区櫻木英一郎ガバナー(当時・千葉RC)の「ロータリーに関する30の質問」、そして同年5月号の第2680地区丸尾研一ガバナー(当時・神戸西神RC)の「ロータリーが青少年に目指すもの~RYLA」です。

 それから、このところ高橋会長とクラブに「ワイン同好会」を立ち上げようか、と話してをります。以前は(私の入会よりも前)当クラブに「英会話」「剣道」「絵画」等、いくつも同好会があったさうです。
 いよいよ時刻は8時45分。クラブ会長エレクト小堀さんの締めの言葉と集合写真でお開きとなりました。次回はもう平成に代る新しい元号のもとでの開催、本年度の最終回でもありますが、5月10日(金)、会場は横浜ロイヤルパークホテル68階、フレンチレストラン「ル シエール」です。皆様、どうぞよろしく。
(二金会幹事 枡崎 一之)


活動報告一覧へ戻る

Top