活動報告

第1回例会卓話「就任挨拶」

2019年07月05日

「就任挨拶」
会長 小堀和男

この度輝かしい歴史と伝統のあるクラブの会長を仰せつかり、光栄と思うと同時に大変重圧を感じております。
 本日は神奈川RC、横浜鶴見北RCより多くの皆様にお越しいただきありがとうございます。また松本名誉会員にもご出席いただき大変うれしく思います。
 森直前会長、荒木直前幹事、1年間ご苦労様でした。昨年度の「親睦から奉仕へ」目標は引き続き実践していきたいと思います。
 私は、東日本大震災のあった年、2011年の6月に横浜東ロータリークラブに入会しました。60歳になったところでサラリーマンを終え、家業の不動産賃貸を父から引き継ぎ、その後ロータリークラブも父と交替で入会しました。推薦者は筒見さんと佐藤嘉記さんにお願いしました。したがって入会してからまだ8年しかたっておりません。
 クラブではローターアクト担当、会報委員長などを担当し、2014-15年度、枡崎会長のもと幹事を経験しました。この年は、大野ガバナー年度とクラブ創立60周年が重なりとても大変な1年でしたが、貴重な経験を盛りだくさんにさせていただきました。その経験をこの1年生かしていくのが今年の抱負です。
今年度、2019-20年度RI会長マーク・ダニエル・マローニー氏の会長テーマは『ロータリーは世界をつなぐ』”ROTARY CONNECTS THE WORLD” です。ロータリーの基本を表すわかりやすいテーマです。
 これを受けて、2019-20年度 第2590地区轟淳次ガバナーは、ガバナーテーマを「原点を忘れずに挑戦」 ~入りて学び、出でて奉仕せよを実践しよう~ としました。
 今週月曜日、7月1日神奈川ロータリークラブ、昨日は横浜鶴見北ロータリークラブの例会に参加して参りました。両クラブともとても立派な新年度第1回例会を開催され,新たな目標のもとスタートを切られました。
 当クラブもこれに負けずに頑張るつもりです。
 当クラブの目標は「温故知新」~当クラブの強みを再確認し会員増強へ~(ふるきをたずねて新しきを知る、又は、ふるきをあたためて新しきを知る)としました。
論語に書かれている多くの人が知っている含蓄のある言葉です。また昨年度当クラブプログラム委員会のコンセプトの一つとしても用いられました。
 この言葉から:
  ・伝統を認識しつつ、新しいことに挑戦する
  ・現在行っている活動を前向きに見直す
  ・長所を伸ばし改革に繋げる
など当クラブを活性化する意味が込められていると思います。
 活性化の1番目は、青少年奉仕活動の更なる活性化です。そのために青少年奉仕委員会の改変を行いました。従来「ローターアクト」、「ボーイスカウト」、「奨励金」は委員会内で「担当」の役目しか与えられていませんでしたが、それぞれ委員会とし青少年奉仕委員会はそれらを統括することとしました。
 
2番目は女性会員の活性化、登用です。現在当クラブには女性会員が5名在籍していますが、今年度は全員に委員長になっていただきました。女性会員は今や当クラブの強みの一つになりつつあります。ここ数年の会長・幹事ほか会員皆様の努力のおかげです。女性会員の更なる活性化、増加が次項の会員増強にもつながります。
 順番は3番目の記載となりますが、最も重要なのは会員増強です。これは継続的に行い、手を抜くことはできません。当地区では二十数年前から長期的に会員の減少傾向が続いており、これにストップをかけることを最重点項目にあげています。当クラブでは数年前から減少傾向にやっとストップがかかりましたが、増加したとはっきり言えるまでには至っていません。数年後会員70名を目指し、それに繋げるために今年度5名以上会員純増を図りクラブの活性化につなげたいと思います。会員増強委員会だけでなく、会長が先頭に立ち、会員全員が会員増強・退会防止を実践する必要があります。全員がロータリーの精神・当クラブの強みを理解し、会員増強につなげましょう。
  これらを実践するための役員、委員長の皆さんをご紹介します。
 プログラム委員長は小久保さんにお願いしました。今年度は会員の卓話を例年より多く実施し、会員相互の理解を深め、例会の充実を図っていただきたい。
 クラブ会報委員長は神崎さんにお願いしました。会報はクラブを映す鏡です。女性目線の表紙など新たな感性にも期待しています。
 雑誌委員長はベテランの安友さんですので全く心配がありません。ロータリーの友への寄稿もご検討ください。
 広報・IT委員長の遠藤さんはホームページの管理などのほか、広い顔を生かし広報に当たっていただきたいと思います。
 合唱委員長の今井さん、全会員に英語の歌をトライさせるのはどうですか?
 親睦活動委員長は橋本さんにお願いしました。親睦はクラブの基本です。橋本さんの積極性で多くの会員が楽しめる企画を期待しています。
 出席委員長の米澤さん、当クラブの問題点である出席率改善につながる企画などよろしくお願いします。
 研修委員長の小池さん、地区主催のRLIへの参加など会員全体のレベルアップをお願いします。
 会員増強委員長の巻田さん、お一人だけの力では会員増強はできませんが、全体を巻き込み増強を図りたいと思います。
 会員選考職業分類委員長の岡本さん、新たな職業分類が会員増強にもつながります。
 ロータリー情報委員長の伊藤さん、新会員の退会防止の観点からも的確な対応をお願いします。
 職業奉仕委員長の岩渕さん、優良者表彰に加え、職場訪問などご検討ください。
 社会奉仕委員長の倉迫さん、社会奉仕は当クラブの対外的な活動の柱であり、活動も盛りだくさんです。一つ一つ対応をお願いします。
 国際奉仕委員長の立川さん、海外経験豊富な立川さんに期待しています。
 新生青少年奉仕委員長は長戸さんにお願いしました。地区役員との兼任となりますが、豊富なロータリー歴を生かし、ローターアクトをはじめ、各委員長と連携し活動してください。
 ローターアクト委員長の藤岡さん、3年連続担当ですが、今年度からローターアクト委員長となりました。アクトの更なる活性化をお願いします。
 ボーイスカウト委員長の神谷さん、昨年は副担当でしたが、今年度は委員長をお願いします。
 奨励金委員長の枡崎さん、サイエンスフロンティア高校への対応お願いします。
 ロータリー財団委員長の矢野さん、地区目標額の達成お願いします。また今年度後半から交換留学生の受け入れを予定しています。
 米山記念奨学金委員長の佐藤さん、地区目標額の達成お願いします。今年度台湾からの留学生陳さんを支援しております。
 SAAには井上さんにお願いしました。若さの目線で「温故知新」を考えながら会場の統率をお願いします。
 会計の田口さん、予算作成ありがとうございました。予算の管理、決算までよろしくお願いします。
 会計監査の小池さん、研修委員長との兼任になりますがよろしくお願いします。
 会長エレクト兼戦略計画委員長の熊田さん、引き受けていただいてありがとうございます。熊田さんがあとに控えてくれたので心強い限りです。
 副会長兼クラブ奉仕委員長の筒見さん、私の入会推薦者です。安心してお任せできます。
 直前会長の森さん、1年間お疲れさまでした。今年はご指導の立場でよろしくお願いします。
 最後に幹事の坂本さん、私が会長を引き受けた時の条件の一つが、坂本さんの幹事でした。すでに大変ご尽力いただいておりますが、今後ともよろしくお願いします。
 また地区委員として、地区戦略計画副委員長兼地区規定審議会立法案検討副委員長に大野パストガバナー、地区米山記念奨学金増進委員長に長戸さん、地区米山記念奨学金増進委員に谷貝さん、地区ローターアクト委員に田島さん、地区拡大増強委員に坂本がそれぞれ委嘱されました。よろしくお願いします。
今年度は当クラブ創立65周年に当たります。これにふさわしい周年行事も考えています。
 1年間会長として精いっぱい頑張って参りますので、会員皆様のご協力よろしくお願いします。


活動報告一覧へ戻る

Top