活動報告

第2回例会卓話「就任挨拶」

2019年07月12日

「就任挨拶」
副会長 筒見克彦

小堀会長から指名を受け一度はこのような大役は相応しくないと固辞しましたが小堀会長の推薦者であること、当クラブのメンバーでもあった小堀会長のお父様より公私共にたいへんお世話になったこともあり、お受けさせていただきました。
先週、小堀会長年度 第1回目の例会が行なわれ小堀会長・坂本幹事の たいへん息のあったコンビにより緊張感を持って無事船出が果たせたことと思っております。
クラブの発展のため 残り46回の例会ご期待申し上げます。
クラブ目標は「温故知新~当クラブの強みを再確認し会員増強へ」であります。
特にここのところ国際ロータリー規定審議会において採択される立法案にはロータリー哲学を根本から覆す大きな流れが押し寄せております。
それをクラブとして取り入れるもの取り入れるべきでないものとして、どのような判断をしていくかたいへん重要な課題だと思います。
本年度創立65周年を迎える我がクラブにとってクラブの歴史や変遷を会員一人一人が過去を紐解きクラブの雰囲気を感じ取ったうえの会員増強が必要なことだと思います。
そしてロータリー5大奉仕の第一部門でありますクラブ奉仕ですが、我がクラブではプログラム・会報・雑誌・広報IT・合唱・親睦活動・出席・研修・戦略計画の9つの委員会にて構成されておりクラブを円滑に機能させる大事な役割や要素そして諸先輩方が築いてこられたクラブの精神また伝統が受け継がれています。
クラブ奉仕各委員会の共通の課題として横浜東ロータリークラブに相応しいクラブの雰囲気作りができればと思います。
1年どうぞよろしくお願いをいたします


活動報告一覧へ戻る

Top