活動報告

第3回例会卓話「就任挨拶」

2019年07月19日

「就任挨拶」
社会奉仕委員長 倉迫益造

社会奉仕委員会は、委員長 倉迫益造、副委員長 加藤秀夫様、委員 吉川徳男様、委員 和田晃様で担当いたします。和田晃様は奉仕のかたまりの様な人で、委員会としては信頼いたしております。
 方針としては「ロータリークラブの社会奉仕は、それ自身に目的があるというよりは、ロータリアンに奉仕をさせるための訓練と実習であると考えるべきであり、奉仕の主体はクラブよりはむしろロータリアン個人にあるということになります。すなわち奉仕の意義や仕方を学んだロータリアン個人が、各々その生活の分野でその実力を発揮して、社会奉仕をしてもらいたい、また、その奉仕活動が一般地域社会に対して指導力を発揮して、よりよい社会をつくる先達になってほしい、ということになると思います。」とロータリー入門書にあり、奉仕について勉強しながら各行事に会員相互で役割分担し助け合って取り組みます。
活動としては、
①10月19日(土)予定の「つるみ臨海フェスティバル」への親睦活動委員会との協力による企画検討・実行いたします。5万人のご来場者に楽しんで戴きます。
②2020年3月27日開催予定の観桜会(横溝屋敷をお借りしての夜間移動例会)を親睦活動委員会との協力による企画検討・実行。なお、当企画は、障害者団体支援活動として行っていることのご理解をお願いいたします。
③前年度新規事業として取り組まれました、障害者の写真・絵画その他の作品展である「第12回どう言う訳かの作品展」に協賛取組みいたします。場所はかながわ県民サポートセンター展示ホール、展示開催日は8月30日から9月1日まで、8月29日13:00より作品搬入、9月1日16:00より作品の搬出の手伝いをいたします。
④各委員会との協力のもと、会員皆様とともに社会奉仕を実行いたします。従って会員皆様からの提案等よろしくお願いいたします。
以上、就任挨拶とさせて戴きます。


活動報告一覧へ戻る

Top