活動報告

第8回例会卓話「会員拡大増強月間に因んで」

2019年08月30日

「会員拡大増強月間に因んで」
        地区拡大増強委員長 宮田彰久様

・平成15年、2003年に横浜南ロータリークラブに入会する。別の異業種の会で一緒だった同年代の人に勧誘される。会費聞いてびっくりして断ったが、しつこく勧誘され入会。
・2590地区の会員が2,000人を切る(1,996人)20年間で1,000人以上減少。危機的状況。
・増強に成功しているクラブの成功事例
〇三種の神器(ロータリーの紹介書、自クラブの
紹介書、入会申込書)常に持参。
〇複数でアプロ―チ
〇銀行に紹介してもらう
〇リストの作成(次の年度に引き継ぐ)
〇退会防止に力を入れる(同好会、ルーキー会等、
新会員の居場所を作る)
〇例会が楽しくなる仕掛け
・3年以内に辞める会員が多い → 周りにRCの悪口言う
・やる気になるか、ならないか。ひとりの会員が、ゲストを一人連れてくることは誰にでもできるはず。
・ゲストの数と入会者は比例する
・声をかけるか掛けないか(誘わなければはじまらない)
・クラブで意思統一する。(何で増強するのか? 自クラブの特徴は何か?)思いを共有することが増強を成功させるポイント。
・会員増えれば、出会いが増える → クラブの雰囲気も良くなり、楽しくなる → 楽しいクラブになれば更に増強し易くなる → 資金も潤沢になる 増強はクラブのエンジン。
・増強は最大の奉仕
(奉仕する人を増やすのだから、、、)
・会長や増強委員のヤル気と強いリーダーシップが必要。
・ローターアクトやインターアクト出身のロータリーファミリーを会員に取り込む。
(試行錯誤中です。ローターアクト提唱クラブとして、情報交換・ご指導下さい)
・皆、誰かに紹介されて推薦されたのですから、今度はあなたが誰かを紹介してクラブに推薦する番です。


活動報告一覧へ戻る

Top