活動報告

第31回例会「創立60周年記念例会」第四部 祝宴(1)

2015年02月23日

第三部「演劇観賞」へ

第四部 祝 宴

司会 実行委員 岡本誠一郎会員
アシスタント 内藤紗弥花様



開宴の言葉 実行委員 筒見克彦会員



来賓挨拶 
神奈川RC 会長 樋口明様


只今、ご紹介に与りました神奈川ロータリークラブの樋口でございます。
誠に僭越ではございますが、ご指名でございますので、横浜東ロータリークラブの子クラブを代表いたしまして、一言お祝いの言葉を述べさせていただきます。
まずは、横浜東ロータリークラブ創立60周年を心よりお祝い申し上げます。
60年前に横浜東ロータリークラブが創立されましてその5年後の昭和35年に、第一子、長男として我が神奈川ロータリークラブは誕生いたしました。
横浜東クラブの沖山明一会員を特別代表に、主に横浜東クラブより転出しました25名のチャーターメンバーで、1960年(昭和35年)6月17日に創立総会を執り行い、産声を上げたわけでございます。
そのチャーターメンバーの中に、後に当地区のガバナーを務めることになります二人の会員も含まれておりました。
1968-69年度ガバナーの箕浦多一会員、1年挟んで、1970年―71年度ガバナーの入江直祐会員でございます。
特に箕浦多一会員は、横浜東クラブのチャーターメンバーメンバーでもあり、いずれも神奈川クラブの礎を築いた大先輩でございます。
3年間に二人もガバナーを務めるということは、たいへん稀なことであり、これもひとえに横浜東クラブでとことんロータリーを学び、実践し、その存在が遍く認められたからこそだと思っております。
そしてまた、横浜東クラブは子宝にたいへん恵まれたクラブであります。
子クラブ3つ、孫クラブ2つ、ひ孫クラブ3つ、玄孫クラブ4つ、来孫クラブ1つの実に13ものクラブが横浜東クラブのスピリットを受け継いでいる訳でございます。
そして、これからも末永く横浜東クラブの皆様にご指導を賜りながら、子クラブとしての務めをしっかりと果たして参りたいと、決意を新たにしたところでございます。
結びとなりますが、横浜東ロータリークラブの益々のご発展と、横浜東ロータリークラブの会員の皆様のご健勝を心よりご祈念申し上げまして、お祝いの言葉とさせていただきます。
「本日は誠におめでとうございます。」

ボーイスカウト横浜第58団 委員長 吉元正志様


ただいまご紹介を頂きました、ボーイスカウト横浜第58団の吉元です。宜しくお願いします。
まずもって、横浜東ロータリークラブ様が「創立60周年」を、お迎えになられた事を心からお喜び申し上げます。 おめでとう御座います。
 一口に60周年と申しますが、戦後10年に横浜・鶴見を中心にいち早くRCを創立し、創立当時はもちろん、今日までの60年間と言う長い年月の間には、多くの困難や様々な出来事があり、その都度、RCの奉仕の精神と友情・活動への強い信念を中心とした、歴代会員の皆様のご努力・ご尽力で力強く乗り越え、いくつもの事業を展開し発展させてきた多くの実績に、鶴見に住む住人の一人として「敬意と感謝」を申しあげます。地域発展のために、本当に有難う御座います。
 さて、私どもボーイスカウト横浜第58団は、横浜東RC様の創立8年後の1963年(S38年)2月20日に、当時の上野会長さまを中心に「地域の青少年の健全育成」と言う理念の元に発団しました。横浜東RC様は当団の「生みの親」であります。日本の多くのRC様やライオンズクラブ様などが、ボーイスカウトの団を後援や支援をしていますが、ほとんどが発団後の途中からであり、自らの意思と組織力でボーイスカウトの団を立ち上げ、発団・発展させた例はホトンドありません。
そうした事から横浜東RC様は、当時から今日まで画期的な社会奉仕をされて来たと確信します。
 当団は、一昨年2013年2月20日に「発団50周年」を迎え、ささやかですが式典を行う事ができました。横浜東RC様は、会員全員が「当団の育成会員」として発団当時から今日に至るまで、変わらぬご支援・ご協力・ご援助を頂いています事に、改めて団の総意として感謝を致します。
 当団は、発団当時の「地域の青少年の健全育成」を実践すると言う横浜東RC様の「崇高な理念」を継承し今日に至っています。当団のスカウトは、現在52名・リーダー29名ですが、これまで「延べ・約2770名」のスカウト達が58団で活動し、その多くが社会に巣立って行きました。今後も「生 み の 親」である「横浜東RC・当団育成会様」からのバックアップを頂き、発団当時の「地域の青少年の健全育成」と言う「理 念 の 火 と 情 熱」を絶やす事なく継承し活動を続けてまいりますので、今後も58団の活動を見守って頂きますよう、宜しくお願い致します。
当団の活動は、親元である横浜東RC様のご支援の下で「横浜東RC様の 事業の一端」である事を強く認識して、思い上がりかも知れませんが、足手まといにならぬよう共に活動を進めて行く事をお約束し、また、横浜東RC様と会員の皆様の更なる「弥 栄」をご祈念申し上げ「創立60周年」のお祝いの挨拶にさせていだきます。ありがとう御座いました。

こんにちは国際交流の会 会長 杉浦節子様


私は只今ご紹介にあずかりましたNPO法人こんにちは・国際交流の会の会長を務めております杉浦と申します。
本日は横浜東ロータリークラブ様創立60周年誠におめでとうございます。
このようなおめでたいお席にお招きいただき心より感謝申し上げます。
横浜東ロータリークラブ様は横浜では2番目に設立された歴史あるロータリークラブと伺いました。そしてさまざまな援助活動を行っていらっしゃいます。
例えばハイチの識字率向上援助、東日本大震災復興援助など多岐にわたっています。
私共のこんにちは・国際交流の会は数ある奉仕活動の中の「国際奉仕活動」のジャンルで2008年からご支援をしていただいております。私共の会を一寸ご紹介いたしますと、20年前から鶴見で、外国籍の方に日本語を教えるボランティアの集まりです。現在会員が約80名、学習者90名の団体になりました。
私共の会は、日本語が話せない外国籍の方に日本語を教える「日本語教室」日本文化を紹介する「国際交流事業」外国籍のお国を私たちが理解する「国際理解事業」を三本柱として20年間活動を続けております。
その私共の活動に横浜東ロータリークラブ様より毎年ご支援いただき、本当に助かっております。また毎年のように私共の会をご紹介する「卓話」にもお招きいただいております。
そのほかソロプティミスト様のご招待で、外国籍の方を三渓園のお茶席にお連れしたり、昨年は鶴見の横溝屋敷のお月見にもお招きいただきました。外国籍の方にとりまして本当にいい思い出となりました。
これからも横浜東ロータリークラブ様とのご縁を大切にして参りたいと思っております
最後になりましたが、今後とも横浜東ロータリークラブ様の益々のご発展と会員の皆様のご健勝を心よりお祈り申し上げます。
創立60周年誠におめでとうございます。

                                      
乾杯  実行委員 田辺義明会員


その2へ

活動報告一覧へ戻る

Top