活動報告

第36回例会卓話「R雑誌月間に因んで」

2015年04月03日

「R雑誌月間に因んで」
雑誌委員長 伊藤保義会員

本日の卓話は、「雑誌月間に因んで」の話をさせて戴きます。
会員の皆様に配布致しました雑誌委員会アンケートに沿って卓話をさせて戴きます。

1.ロータリーの友が発行された経過を知っていますか。
回 答  いる:5名  いない:23名 
 1952(昭和27)年4月、第60地区の大会が開催され、同年7月に迎える新年度(1952-53年度)から、日本の地区は、東日本と西日本の2地区に分割されることに決定され、日本の2地区で共通の雑誌を発行するとの決定がありました。

2.ロータリー友の命名された理由を知っていますか。
回 答  いる:3名  いない:24名
1953(昭和28)年から、毎月発行すること、価格を50円とするが、広告を取って100円分の内容のある雑誌とすること、名前を「ロータリーの友」とすることが決定されました。

3.ロータリーの友が縦書き、横書きの理由を知っていますか。
回 答  いる:6名  いない:22名
ロータリーの友は横書きでスタートしましたが、1972(昭和47)年1月号から、左に開けると横書き、右に開くと縦書きの現在のような雑誌になりました。

4.ロータリーの友が指定したRI公式地域雑誌であることを知っていましたか。
回 答  いる:15名 いない:13名
1977年、標準ロータリークラブ定款第10条(現14条)の改定に伴い、公式地域雑誌(現ロータリー地域雑誌)の規定が設けられました。1980年7月号からRI公式地域雑誌になりました。

5.ロータリーの友に関心がありますか。
回 答 ある:14名 あまりない:11名  ない:3名

最後に、会員28名のアンケートが集まりましたことを報告させて戴きます。

  
雑誌委員の前原大作会員よりお話がありました。


活動報告一覧へ戻る

Top