活動報告

第4回例会卓話「就任挨拶」

2015年07月24日

「就任挨拶」
合唱 大山滋郎


 昨年度に引き続き、合唱委員長を務めさせていただく大山です。よろしくお願いいたします。
合唱委員の目的ということで、原点に立ち返りました。ポール・ハリスが、合唱には4つの効用があると言っています。まずは、会員間の親しみを深めるということです。次に、歌うことで気分がよくなるというのですね。さらに3つ目として、音楽に対して、関心を持つことができることを上げています。
これらは確かに、当クラブの合唱についても当てはまっています。さに最後の4つ目の効用があります。それは、その曲が会員に話題を提供するということです。なるほど。さすがはポール・ハリスと感心しました。
これまでは、自由曲の選定では、先例に倣ってなんとなく選んでいました。しかしそれでは、選んだ曲が会員間の話題になることはないでしょう。
今年度は、ハリスの助言に従い、皆さんの話題になるような曲を選定していきたいと思います。
どうか1年間よろしくお願いいたします。



「就任挨拶」
親睦活動 中西昭博



「就任挨拶」
出席 鈴木俊弘



「就任挨拶」
会員増強 熊田恒雄


クラブの発展には、多くの活発な会員の存在が欠かせません。また、新しい会員を増やし、新しい力で活動に参加することでクラブに活気と多様性があふれ、充実したクラブの運営が出来ると思います。
 今期、会員増強委員会としては、次の様な行動計画を立案したいと思います。
横浜東ロータリークラブの楽しく充実した活動を会員増強によって拡大しましょう。会員全員のご協力をお願いいたします。
(1)新会員増強計画
①地域の職業分類調査に基づくクラブ未加入職業へのアプローチを実施する。
②地域内にある企業の支店調査により、未加入支店あるいは退会支店をピックアップして入会工作を実施する。
③職業奉仕委員会と連携してクラブ内ビジネスマッチングを活性化することで入会のメリットを生み出す。
④今期長谷川会長の強いリーダーシップによる要望に基づき、各委員長にも会員増強にご協力をお願いいたします。
⑤新しくなったウェブサイトを活用して横浜東ロータリーの新しい催しと充実した奉仕活動をアピールする(「詳しくはウェブで!」)。
(2)現会員の維持強化計画
①新会員への教育強化 研修会・セミナー・協議会の内容を丁寧に説明して積極的参加を勧める。
②新会員の委員会活動参加を強化する。
③新会員に対するメーキャップツアーを開催し、メーキャップの仕方を指導し、出席率向上を図る。
(3)新提案:「はまどり会」の発足
横浜の地場企業会員に対し、企業の支店の支店長によるグループ(横浜に渡り鳥として駐在する人たちの会)をつくり、お互いの連携と親睦を深めることで現会員の維持強化、新会員募集のインセンティブとする。
また、地場企業会員と企業の支店長との親睦、ロータリーの紹介、啓蒙活動を活発にする。


「就任挨拶」
会員選考 原 邦嘉



「就任挨拶」
職業奉仕 遠藤一郎


 今年度職業奉仕委員長の遠藤です。職業奉仕委員会は、副委員長に筒井会員、委員に小坂井会員、直井会員の4名で活動を進めて参ります。すでに活動計画書は出しておりますが、12月8日に職業奉仕委員長会議に出席する予定です。そして職業奉仕月間は1月なので、地区委員長の横浜日吉RC平雅様に卓話をお願いしました。1月の日程が決まり次第連絡をいたします。不慣れな委員長ですが、1年間よろしくお願い致します。



「就任挨拶」
青少年奉仕 森 高繁


本年度青少年奉仕委員長を担当します森です。
 青少年奉仕委員会の主な活動としては例年同様、ロータアクト、ボーイスカウトの支援及び青少年育成事業基金による横浜サイエンスフロンティア高校への奨励金、鶴見区在住、在学の個人又は団体への奨励金の贈呈を行っていきます。
 各々の担当には、ロータアクト担当に小林優志会員、ボーイスカウト担当に齋藤実会員、奨励金・育成基金担当に小久保裕司会員に就任頂き、それぞれの活動に協力していきたいと思います。
 又、現在11百万ほどある青少年育成事業基金の預り金残高について、長谷川会長及び横山悦朗会員に協力していただき、本年度中にその処理について検討していきたいと思います。


活動報告一覧へ戻る

Top